金のなる木はあるのかな

定期預金などの金利

10月 5th, 2012

私たちは日常生活の中で金融商品を利用したり、金融機関にお金を預金した時には、無意識のうちに金利のお世話になっています。融資やローンでお金を借りたり、定期預金のような長期的な預金をする際には必ず元本に対して一定の利率による金利が加算されることになります。

金利にはいくつかの種類があり、住宅ローンのように長期的な借入れをする場合には、設定される金利の種類によりその後の返済計画に大きな違いがあります。

代表される金利の種類には固定金利と変動金利があります。固定金利は契約した時から返済が完了するまで利率が変わらない金利です。金融情勢の変化で金利が上がっても契約時の金利のままで継続されますが、返済の総額が高めになり金利が下がっても契約時の高い金利で支払うなどのリスクもあります。

変動金利は金融情勢に合わせて一定期間で金利が変わるもので、返済総額は固定金利に比べて安くなりますが、金利変動により続きの返済額が変わるなどのりすくがあります。

また金利には1年の借入れ・運用に適用される短期金利と、1年以上の借入れ・運用に適用される長期金利があります。短期金利は長期金利に比べて利率は低く設定設定されています。借り入れの際には短期金利、金融機関にお金を預金する場合には定期預金のような長期金利を選択するなど、金利を有効に活用しましょう。

Extra Column

You can fill this column by editing the index.php theme file. Or by Widget support.

Web Design Bournemouth Created by High Impact.
Copyright © 金のなる木はあるのかな. All rights reserved.